東京在住の吉田亮介さん(30代)
IT系の会社に勤めながら、起業準備をされている方です。

生活習慣系がテーマでした。

レポートに添えて、
「非常に効果的なセッションで、実際に結果を出し始めています
他の人が読んだら「サクラ?」なんて思うかもしれませんが、本心です。」

とのことです(笑)

****以下許可をいただいて転載**************

タイトル:たった1時間で難問への解決の筋道が着きました!

テーマは、お菓子をやめること。
一見軽いテーマに思えますが、お菓子が好きなひとなら
わかると思いますが、これをやめるのは至難のワザです
。禁煙や禁酒、さらにはダイエットに置き換えても理解
できる方は多いと思います。

ということで、これは自分ひとりではやめられないと思
い、ヒロさんにコーチングをお願いしました。難しいテ
ーマだし、1時間だけの単発セッションだったので、こ
れまでも色々なコーチングを受けたことがあった僕は、
現実的にあまり過剰な期待はしていませんでした。

タイムラインという未来のヴィジョンをありありと想像
する手法で、お菓子を食べ続けた場合の悪夢の未来と輝
かしい未来の双方をみせてもらいました。

悪夢の未来は、毎日だるくて、身体は重く、節々が痛く
、何より無気力で、自分の夢である独立などは全く果た
せず、それどころか、ホームレスのイメージすら頭の片
隅に浮かぶほどで、灰色の失望の人生になりました。

対して輝かしい未来は、身体が軽くて、切れもよく、ど
んどん物事が進んでいき、長年の夢である独立成功も果
たして、セルフイメージもあがりました!さらにその先
にはもっと平和なイメージも出て来て、幸せな感じがし
ました。

しかし、お菓子をやめたことによる若干の寂しさを感じ
たことも確かでした。

とはいえ、なかなかにいい未来でしたからこのままでも
良かったのですが、さらにもう1本タイムラインを歩い
てみることを提案されました。つまり、基本的にはお菓
子は食べないが、土日や旅行時は食べてもいいという在
り方です。

このタイムラインを歩いてみると非常にしっくり来まし
た。何といっても、お菓子を完全にやめてしまうわけで
はないので、喪失感が少ないことです。

それにより、お菓子をやめたことによるメリットと、や
めることによる喪失感を最小化するという、欲張りな欲
求をイメージ上とはいえ実現することができました。こ
れは非常にパワフルで効果的でした。
なぜかというと、脳は、お菓子を失う喪失感を警戒して
いたので、なかなか本気でお菓子をやめようという気に
ならなかったのですが、お菓子を完全にやめてしまうわ
けではないとイメージできて、先ず安心できたのです。
だからといって、お菓子を食べ続ければそれも危険とい
う脳のシグナルも灰色の未来を想像してよりいっそう強
まっています。

そこで、80%くらいはお菓子を食べることをやめると
いう未来を見ることで、その危険性も回避し、なおかつ
軽快で、エネルギッシュな未来の自分を想像することが
出来て、80%お菓子をやめることが「快」の情報、イ
メージとして脳に焼き付けられたのです。

さらに、実現プロセスにおいては、いきなり全部完全に
やめてしまうのではなくて、徐々にやめていくところも
想像し、シミュレーションできたので、喪失に対する不
安や恐怖もほとんどない状態をつくることが出来ました

ヒロさんのコーチングはたった1時間でこの難問に解決
の筋道をつけてくれたのです!これはすごいことだと思
います!

たとえば、禁煙する場合なら禁煙外来などに足しげくか
よって、それでもどれだけ効果があるか怪しいのですが
、ヒロさんのコーチングなら確実にもっと効果があると
思えます。
ちなみに、肝心のその後の経過はどうかといいますと、
当初からステップバイステップで行くと決めていたよう
に、今も80%という最終ゴールからみればまだまだで
すが、それでも、以前(100%)の40%くらいはや
めていますし、この先はもっとやめていける確信もあり
ます
具体的には、甘い缶コーヒーをやめて、比較的健康なオ
レンジジュースにしたり、砂糖がたっぷりかかったパン
などはなるべく回避して、サンドイッチなどでお腹を膨
らませたり、カロリーメイトやヨーグルトをたべたり、
ご飯の量を多くすることで、ほとんど無理なく以前より
はヘルシーに近づいたと思います。

※私の目標はダイエットではなく、健康ですので、食べ
る量は減らしていません。しかし、ダイエットの観点か
らもみてもいきなり量を減らすより、まず量は据え置き
で、内容をヘルシーにするというのはとても効果的なや
りかただと思います。
しかし、一番違うのは精神状態でしょう。以前は、やめ
なければ!⇒でも食べたいな~⇒まあいいか⇒セルフイ
メージが下がる。。。
という感じでしたが、今は、ちゃんと目標に沿って、自
分らしく進めているというのがわかっているので、結果
に一喜一憂することもないし、食べてしまったら食べて
しまったで、これもコーチングで引き出してもらった、
自分への質問「ではどうすれば改善できるだろうか?」
を自分に問いかけるようにしています。

ここで、「ああ~。俺はダメだな~。また食べてしまっ
た。」となればセルフイメージが下がり、苦しくなり、
結局、そんな苦痛でしかない作業はやめてしまうだけで
しょう。

お菓子をやめたいという何となくの願望(全然決意まで
は出来ていない状態。やめられたらもうけものくらい)
の状態で、コーチングを受けて、今は完全にやめるので
はない第3の道を引き出してもらい、それにより、やめ
たいけどやめられない罪悪感がなくなり、現実的な対策
をもって、着実にヘルシーになっていっています。

誰もが一回のコーチングでここまでの成果が出るかはわ
かりませんが、コーチと相性が合うなら一緒に歩んでい
くことはものすごく効果的な方法だと思います。
思えばオリンピック選手やスポーツ選手は皆コーチをつ
けますが、一般の人間は、「よりより人生」を歩むため
に何故コーチをつけないのか?これは大いなる機会損失
だと私は素直に思います。
お金はかかりますが、その代金で、より良い人生が買え
るなら、そこにこそお金を使うのがいいお金の使い方な
のではないかと最近本当に思います。

額面でみるのではなくて、その金額で得られるものと金額
を比較した時、それが高いか安いかは自ずと見えてくるよ
うに思います。

 

おわり

**********************

吉田さん、ありがとうございます!!!